新型コロナウイルスに対して外食店のホールスタッフの手が・・・

世界でコロナ死者は50万人、感染者は1000万人超えたという。
所で、日本ではコロナ対策として3密、マスク、手洗い、ソーシアルデスタンス
でと言われてる。小言幸兵衛が当初から最大に恐れているのは
東京の大学附属病院の看護師さんからのレポートにあった外食店の
ホールスタッフの手だ。厨房から客の注文の品が皿にのったのを
運んでくる。グラスもだ。やがて客が食べ終わった食器をさげる。
その手で又客が注文した品が載った皿を、同じ手で運んでくる。
この間手は消毒なしだ。という事は食べ終わった客が保菌者だとしたら
ホールスタッフの手に菌がついてる、その手で次の客が食べる皿を
運んでくる。グラスもそうだ。3密も大切だ。向かい合いお喋りで飛ぶ
ツバも危険だが、食器を上げ下げするスタッフの手は忘れられてる。
外国では、食べ終わった食器をさげる係りは別にいる。メニュとるのも
個別だ。次がタクシーだ。これも大学附属病院の看護師さんの指摘だ。
そう考えていくと外食はなかなか困難になる。やはりホテルが一番かとも
考える。いくら手袋はめているからと毎回交換してサービス?それは
それは不可能だろう。
もう一つ大事なことは、家族の中で一人感染したら全員が感染することを
覚えていた方がいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント