コロナのお陰で取材した昔懐かしい場面がテレビで見れる

東京オリンピックのバレーで金メダル獲得の
東洋の魔女、実は小言幸兵衛は彼女たちが
東京の魔女になる前の日紡貝塚バレーチーム
時代、当時、連勝記録を破ったチームが居ると
言う事でニュースの取材で大阪府貝塚市の
木造建ての日紡貝塚工場を訪れた。古い木造の
建物でバレー選手の仕事が終わるのを待っていた。
やがて体育館に大松監督が選手たちがユニホーム姿で
練習を始めた。
大松監督のようしゃない指導に驚きながら
カメラマンは当時アイモというねじで巻く
小さなカメラで撮影した。
加西主将以下今でも、同時の皆さんの顔が
目に浮かぶ。練習は朝と夕方からで、その日は
工場の寮に泊まり朝の練習を取材することに。
夕食は選手と一緒に工場の食堂で、翌朝の
朝食はご飯とみそ汁とたくあんだけだった。
今でも妙に記憶している。後に日紡貝塚バレーチームが
東洋の魔女になるとは、その前身時代の
魔女たちの素顔を見る事が来たのは幸せだった。
今のようにデジカメアあれば山ほど未来の魔女の
素顔が撮れたのにと残念だがテレビ画面で
時々、若い時の彼女たちが見る事があると
思い出がよみがえる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント