新型コロナ対策で安倍首相は緊張感を持ってで・・何事も緊張感で終わり?

新型コロナ対策で「現在の感染状況は我々、高い緊張感を持って
注視している。徹底検査、陽性者の早期発見、治療を進めていく。
専門家の意見伺い地方自治体と連携取り必要な対応を講じる」と
メデイアに語ったというが、高い緊張感って、どんな意味なのか
知りたい.高い緊張感とかスピード感とか丁寧にとか、挙句は
注視している。ただ見てるだけ?国のトップなら具体に対策を
言わないと、これも丸投げ?コロナ対策ではPCR検査を徹底的に
して陽性者早期発見し治療を進めるとも語っているが、大昔に
PCR検査2万件というセリフはお忘れか?何で具体的言わないのか
不思議だ。これも言いっぱなしで対策を語ったと思うのか?
官邸記者も具体的に質問して追及しろよと言いたい。
専門委員会は官邸記者クラブと同じで、GOTOキャンペーンは
決まりの上で専門委員会に伺い立ってた、専門委員は延期したほうが
いいと述べても西村担当大臣は結論ありきで、仕切っているのだから
お手上げだね。8月6日の広島での安倍首相の記者会見が楽しみだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント