神戸の代表的画家石阪春生さん偲ぶ写真展を開催

小磯良平画伯に師事し、その後、神戸市に掛け合い
神戸市立小磯記念美術館を創設した石阪画伯は
2019年12月24日に亡くなられた。
「女のいる風景」をテーマに独特の雰囲気の絵を
描き続けてきた石阪さんは1975年に
サロン的雰囲気でウイスキーのバーボンを飲みながら語り合おう
という集まりのバーボンクラブの中心的役割を。

img295.jpg
      アトリエでの制作風景

img296.jpg
      アトリエでの制作風景

誕生日を祝われるのが嫌いで晩年は神戸市からの
諸々の依頼も断り新制作派の長老です、嫌ですねえと。
毎年石阪さん独特のカレンダーを制作。
2019年も11月末に電話口で、
「もうあきまへん、でもカレンダーの絵は描いていますよ」と。
「絵描きは絵を描かなければ」
それが最後の言葉でした。

石阪画伯.jpeg
      2017年12月8日アトリエで撮影

40年以上の長いお付き合いで、神戸一の物知りで、
神戸の人も知らない話を山ほど聞かされたことは
貴重な財産になりました。
その石阪さんを偲んで、アトリエでの制作風景他
バーボンクラブでの顔を含めた小言幸兵衛が撮影した
素顔の石阪さんの写真展を神戸魚崎のレストラン・モーヴで
7月から当分の間、開いています。

場所・神戸魚崎「レストラン・モーヴ」
電話 078-452-2313<月・火休日>
阪神電車 魚崎駅下車 山側の道真直ぐ

img299.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント