テーマ:社会時評

大阪市の入れ墨調査は適法と判決、入れ墨とtat tooの違いは?

以前にもここで書いた、入れ墨とtat tooの違いは? 大阪市が入れ墨調査をしたところ、それに応じなかった人に 裁判所は適法という判決を。 所で、最近、世界的に女性のtat tooがものすごいことを ご存知かな? 南の島に行くとそれがよくわかる。 また、入れ墨をしている人は温泉に入れないとかいう話があったが 第一に疑問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルキストには悪いが?

今年もハルキストが待ちかまていたノーベル文学賞は ハルキストの目の前には来なかった。 ある時、ハワイに住んでいる友人からこんな話を聞いた。 偶然、村上春樹さんと食事をしたのです。 お話をしていたら、1年の間の三分の二は ハワイに住んでいると。 更にお話をしていたら、ハワイにいても ゴルフにまったく興味がなく ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争を知らないメデイアが戦争の記事を書く不安

ある新聞を読んでいたら、戦争を知らない年代の記者が 戦争の事を聞くため戦争体験者から話を聞いたが それが本当の話かどうか、確認することが大変だった 様なことを書いているので、思わず、なんという事かと 思ってしまった。 敗戦後70年という事で、戦争をとメデイアはいろいろな形で 書いたりテレビで放送したりしている。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅官房長官の日頃からの気になること

福山・吹石夫妻の誕生を機に、ママさんたちもこれを機に 子供を産んでほしいという発言は、安倍首相の強引な安保法案 成立させたことと類似した、人の心を顧みない不埒な発言だ。 当初から菅官房長官の官邸での記者会見の姿を見ていて 不快感を感じている。 喋る時の目線だ。 いつも瞼が下がり、目玉が見えない。 喋り方も、明確な喋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲鶴竜の14日目の取り口で優勝、横綱にあらず

鶴竜が優勝したが あれは、素人的に言えば、ずるだ。 大横綱が、あんな態度で 勝ちを狙うとは、言語道断許せない 君はそんなに力もないのに せこい勝ち方で、勝ちたかったのか? 君の人柄、人間性がよく理解できた。 横綱は堂々として勝て! 小言幸兵衛はそれしか言えない。 本当に、ずるして勝利をえた横綱と 終生語り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未成年者に、たばこ販売一審有罪で高松高裁は無罪判決に疑問

スーパーマーケットで未成年者が20歳と言い タバコを購入、未成年者喫煙法違反で高松地裁は 販売者に有罪判決。 しかし、二審の高松高裁では、裁判長が、少年は身長が167センチあり 成人でもおかしくない。未成年者と判断、認識していたとは認めるには 合理的に無理がある。が理由だ。 本来、米国では、まず、酒類を注文したら、かなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップのラグビー日本快挙、テレビで伝える豪快な試合

ラグビーの世界一を決める、ワールドカップのイングランド大会で 日本は強豪の南アフリカを見事に破った。 日頃のコーチの素晴らしい指導のもと、得た賜物だろう。 これを深夜テレビ中継で見ていて、ラグビーとは、こんな 素晴らしい、迫力とスリルを感じさせるスポーツと初めて知った。 五郎丸のキック、独特の準備の後にキック、低姿勢の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安保法案の参院可決、安倍首相の抜き打ちはわがまま

国民の60%が理解できない、違憲でおかしい、 デモに立つ人たちの姿は、小言幸兵衛が見て 取材したかつての革マル、全共闘が前に立て 行った姿とは全く違う、国民が本心から立ち上がらなければ いけない時代と感じて、立ち上がった姿だ。 フランスではいざというときは国民が一斉に立ち上がり 激しいデモ行動を起こすが、日本人はかここの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪雨で鬼怒川氾濫災害のテレビ中継を見て

豪雨での鬼怒川が氾濫したときのテレビ放送を見ていて 民放は現場中継もスタジオアナウンサーも、何でと思うほどに 興奮して絶叫して、推測で話を進めて、まるで 仲間内でのお喋り見たいと思う局もあった。 最高は電信柱にしがみつく男性を見つけたときの 実況中継だ。電信柱に必死につかまっている男性の方が 冷静沈着に見えた。 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の劇団員女性殺人事件と大阪高槻の中学生殺される事件

劇団員女性が何者かに絞殺された事件は1975年8月23日に 大阪寝屋川で起こって新婚夫婦殺人事件のケースと似ている感じがする。 あくまでも勘であるが。 寝屋川の新婚夫婦殺人事件は夫が鉞で殺され妻が犯人の 凶器を左手で防御、親指の付け根までさけたが、その親指の 反対側でダイヤル110番に通報こと切れた事件。 進入口は施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪エンブレム、新国立競技場白紙だらけで役人の運営にうんざり。

新国立競技場と五輪エンブレムは霧の中で密かに 進行していただけに国民は外野席にいなかった。 現代のインターネットの力は、いい加減では済まないことを 五輪委員会の方々は押し通せると考えたのか、いかにも官僚の 発想と見て取れる。 ネットによれば五輪エンブレムの審査委員は皆うちわの人ばかり お互いにギブとテイクをしあってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口組分裂で闘争?テレビのコメンテーターの机上の意見に驚き

山口組が分裂の様相を見せてきた今 過去において市民に多大な被害影響を与えてきた だけに、一般人は心配不安になるのは当然だろう。 テレビのワイドニュースでコメンテーターが各々の意見を 述べていたが、暴力団取締の法律でしてほしいと真顔で 現実知らないで、よく平気で言えるなあと感心! 勿論取り締まるのは当たり前の事です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐野氏デザインの五輪エンブレムが使用中止で安堵

佐野氏がデザインしたという?五輪エンブレムは、見た瞬間から 悪い予感がした。 真ん中に真っ黒な太い線が入っている、縁起が悪い、習字に思い出したのが この前まで使っていた日本航空のJALの真ん中を、アラビアの刀が 切り裂いている感じのものだ。 日本航空も元の鶴丸マークに戻してからよくなってきた気がする。 トレースという言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュー劇団四季になり劇団の会報ラ・アルプも変化を

62年目の劇団四季の9月号劇団会報のラ・アルプをみて 変わってきたなあと実感が。 コーラスラインの出演者予定キャストが掲載されていることだ。 浅利慶太時代には存在しなかっただろう。公演での予定出演者 予告も出来なかった時代があった。 今はネットで週ごとに掲載公開されている。 このコーラスラインは1979年9月24日初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビニュースを見ていて気になること。

以前からテレビニュースを見ていて気になることがある。 スタジオから現場のだれだれさんと呼びかけると必ず 百人中九十人は「ハイ」と言ってから喋りだす。 残りの十人は「はい「を言わずに即本文に入り喋りだす。 きいていて、この「はい」がものすごく耳障りだ。海外の 記者の現場からの中継でも「イエス」とは言わない、すぐ中身にはいる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉本 聡さんの私の履歴書から、大人のテレビドラマが必要

倉本 聡さんの日経新聞掲載の私の履歴書が最終回を 迎えた。 モノつくりとはいい相棒が居ないと結局実現しない。 倉本さんの相棒が鬼籍へ、そしてフジテレビに建白書を 渡したと朝のシルバータイムに良質大人のドラマをと 日本人の25%が65歳以上なのだからと。 正に若者とキッズに迎合した番組ばかり それなのに今の若者がどれだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソーシャルメデイア時代個人情報を、そんなに他人に知らせたい?

フェイスブックを初めとしたソーシャルメデイア時代 何でもかんでもネット上に自分の事を乗せたいのが今の時代の 方々だ。昨日は何を食べた。何をした。公の事ならまだいいが 大半の内容は個人的なもの、つまり個人情報だ。 このおかげで助かる人もいる。 大阪寝屋川の中学生殺人事件もフェイスブックと防犯カメラで 捜査が進められてる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪寝屋川の中学生殺人改めて広域捜査の重要性

大阪寝屋川の中学生2名が殺害された事件で 逮捕され黙秘続ける犯人と思われる人間を 東京で職務質問していて解放したことだ。 任意で警察署まで同行させたのなら またそこで、所持品の中からスタンガン、注射器 手錠などが出てきたら、通常は前歴照会するだろう? すれば、刑期を終り出てきたこと、犯歴はなんであること 更に、寝屋川署…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪高槻の男女中学生が殺害された事件を考察

今の時代の犯罪捜査は防犯カメラから始まる。 大阪の高槻での男女中学生の事件も防犯カメラが 無ければ解決は長引いたかもしれない。 それにしても犯人逮捕は大阪府警の 捜査員の努力のたまものだろう。 殺された中学生はかわいそうだが いかがなものだろうか? 小学生を卒業したばかりの子供が深夜まで 外をうろつく?考えられるだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ナイトクローラーがテレビ界に発する警告

日本に限らず米国でもテレビ界は視聴率という魔物に 鵜飼の鵜のように操られている。 そのため、過去に真実でないものを真実のごとくに 放送してしまった放送局もある。 ナイトクローラーは正にテレビ界の病巣にスポットを当てた 恐ろしい決して見たと爽快さを与えない内容の映画だ。 でも、これがまかり通ってしまうのがテレビ界の一部とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御巣鷹山に墜落した日航機は何故海に不時着しなかった?

日航機123便が御巣鷹山に墜落した当時は 小言幸兵衛は一番に伊丹空港に到着取材に当たっていた。 その頃から、どうして異常事態になった時 まだ海上の上を飛行しており、海に 不時着しなかったか疑問に思っていた。 たまたま、本日のテレビを見ていたら元機長という人が 出演、この件に触れていたので、なるほどと。 以前にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄は返還までパスポートが必要だった

沖縄の翁長知事が菅官房長官と会談したとき 魂の飢餓感を解って欲しいと語っていたが何だか 理解できる気がする。 沖縄返還前にRYUKYU GOVERMENT琉球政府を訪れた。 行くにはパスポート代わりの身分証明書を日本政府 総理府から申請してもらわないといけない。 これを以て日本を出国して琉球へ入国するわけだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗戦記念日<終戦記念日>疎開そして玉音放送

昭和19年小学校1年生の小言幸兵衛は、何もわからないまま 親に連れられ新宿駅から中央線の蒸気機関車の煙が窓から入る 三等車で長野県の松本に向かった。東京都下第1号の疎開者だったらしい。 当時風に言えば、かしこくも天皇陛下のご下命で親が松本で働くことに なったらしい。小一では、そんな秘密事項は判らない。 疎開先の学校では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ放送界の愚劣な番組製作に再度問う

日経新聞社が英国の有力経済紙 フィナンシャル・タイムズを発行する 会社を買収した。 新聞もデジタル時代へ向けて グローバルな世界へ次代を求めた。 今のテレビ界の番組を見ると これはなんだと言いたいし関係者自体が テレビはつまらないと言われると 口にする。 司会者はいつの間にかお笑い芸人と 言われる人たちが占領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツの優勝者皆外国人とは偶然か?日本人頑張れ!

2015年7月27日の新聞のスポーツ欄を見ると 相撲は白鵬<モンゴル>男子ゴルフはマークセン<タイ> 女子ゴルフはアン・ソンジュ<韓国>と 日本人は一人もいない。 松山選手が頑張っていたが。 高校野球では清宮選手他が頑張っているが 個人戦とは違う。 かろうじて4大会ぶりに銅メタルで表彰台に上った シンクロデユット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅地に小型機墜落、原因伝えるキャスターの知識の有無が大切

東京調布の住宅地に小型機が墜落炎上した。 テレビのワイドニュースのキャスターの解説を聞いていると 専門家がいるのに自分の憶測で話を進めていくのが不思議だ。 早くから専門家の中には 搭乗者が5人で燃料は満タンという条件で 単発機だ。 重量オーバーであったのではないかという 指摘がされている。 実は小言幸兵衛が事件記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lサイズのパジャマ購入これがなんとMサイズどういう事?

近くのダイエーでいつも買うように、Lと表示されたパジャヤマを購入 なんか変だなと思いつつ、家で着てみたらまるで入らない いつもの通り安心して表示を信用していたのにと。 クレーマーモンスターにならないように電話すると 交換しますとごく自然に 念のため市内の消費者センターに電話をして L、Mサイズの基準,規格はあるのかと聞く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

又吉直樹さんの芥川賞受賞のメデイアの不思議な扱い方

直木賞、芥川賞で又吉さんが目出度く芥川賞を受賞した。 他にも二人受賞者は居るが、メデイアはこの二人は全く扱わない 何故?先日亡くなった直木賞作家の陳舜臣さんに聞いたことがある。 芥川賞とはどんな賞なんですかと。陳舜臣さんの答えは、芥川賞は その一作が素晴らしければいいのだと。直木賞というのは将来作家として 有望な人に与える賞で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石阪浩二さんの想い出

今、日経新聞の私の履歴書で浅丘ルリ子さんが 自分の事を書いているが、 石阪浩二さんとのなれそめを詳しく綴っている。 石阪浩二さんと言えば、小言幸兵衛には、その昔、思い出がある。             アルマ・ワインミラー   ジョニイ・ブキャナン              <高橋美紀>       <武藤兵吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元タカラジェンヌの紫苑ゆうさんの不思議な人気と宝塚歌劇のレビューは?今どこ?

7月12日宝塚文化創造館開館4周年を記念して ロマンチックレビューの世界というシンボジウムが開かれた。 出席者は、宝歌劇団演出家で宝塚文化創造館名誉館長の 岡田敬二さん、宝塚歌劇団の音楽家の吉崎憲冶さん そして、今なお不思議な人気を呼んでいる元生徒の 紫苑ゆうさんだ。 岡田敬二さんは、どうして今宝塚ではレビューがない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more